脱毛器バラ色

人気記事ランキング

ホーム > 毛穴ケア > 毛穴ケアは効果が分かりにくいけど

毛穴ケアは効果が分かりにくいけど

お風呂上りって、化粧水をつけたり、ドライヤーで髪を乾かしたり、鏡をみる時間が長いですよね。髪を乾かしていても、みているのは顔だったりします。だって、お風呂あがりって、いつもより肌が透き通ってみえませんか。日中は乾燥していても、お風呂から出たては肌も潤っていますし、毛穴の黒ずみも目立ちません。もしかしてお風呂で毛穴が開いたことによって、汚れが落ちたのかもしれない、汗と一緒にデトックスされたのかもしれない、と思うと嬉しくなりますよね。でも朝起きて鏡をみると、また黒ずみ毛穴に戻ってしまっているのでがっかりするのですが。


このことから考えると、寝ているだけでも毛穴の黒ずみの原因になるようなことが体の中で行われているということですね。なんだろう、やっぱり寝ている間にも人はコップ何杯かの汗をかくと言いますし、汗ですかね。排気ガスを浴びたり、煙草の煙の中で過ごしたわけじゃないですからね。外側から黒くなる要因はなさそうです。寝てるだけで黒ずみに悩むなら、いっそのこと毛穴ケアなんてしなくていいんじゃないかと思いますよね。しなかったらさらにひどくなりそうだから、一応は気休め程度にはやり続けますけど。でもやるせないなあ。