脱毛器バラ色

人気記事ランキング

ホーム > 脱毛 > デリケートゾーンがチクチクして痛い...自己処理失敗した時の対処法

デリケートゾーンがチクチクして痛い...自己処理失敗した時の対処法

自己処理でデリケートゾーンを処理すると、チクチクして痛いことがよくあります。デリケートゾーンをハサミで自己処理すると、毛先が尖ってしまうのでどうしてもチクチクします。

そうした時は、アンダーヘア専用のトリマーを使って再度長さを調節するとよいでしょう。専用のトリマーなら毛先を丸くカットすることができ、チクチク感をなくすことができます。

また、デリケートゾーンは、衛生的な環境の中で器具を使用しないと処理をした毛穴から細菌が入り込みやすくなります。そうすると皮膚が炎症を起こし、痒みを伴います。

そうなった時の対処法は、自己判断しないで、皮膚科医などの専門医に相談することです。自己処理でデリケートゾーンを処理する際、カミソリや毛抜きを使用すると、色素沈着を起こすことになります。

失敗した時の対処法は、とりあえずすぐに自己処理を辞めることです。辞めない限り、後から後からメラニンが作られ、いつまで経っても色素沈着が治りません。まずは脱毛をやめるか、回数を減らすのが先決です。その上で適切な処理を行うようにしなければなりません。